FC2ブログ

R18小説『 ESCAPE』(128)


R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
128ページ
更新しました。

*****

「…恋人かってこと?」


訊き返すと、慎矢の表情が強張ったのが分かる。


僕の方を見ずに、暫く間を置いて、無言で首を縦に振る。


「…付き合ってなんかいないよ。」


慎矢の手に重ねていた手を離して、さっきまで触れていた肩と肩の間に僅かに隙間を作った。


慎矢は一度小さく息を吐いて、また傘をこちらに傾ける。


「…でも…さっき…」


独り言のように、聞き逃してしまいそうな小さな声で、慎矢は呟くように言う。


「さっき?昼休みのことを言ってるんだよね?」


と訊くと、俯き加減で、首を小さく縦に振る。


「…僕のこと、軽蔑したんだ?」


「そ、そんなんじゃないよ。」


叫ぶように否定して、勢い良く顔を上げた慎矢と、漸く視線が絡んだ。


・・・・・・続きから読む?




★拍手ポチっ&コメントありがとうございます。
resにてお返事させて頂いてますので、
心当たりの方は、覗いてみてやってくださいまし┏○ペコッ





表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18小説「 ESCAPE」(127)


R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
127ページ
更新しました。

*****

聞こえるのは、傘を打ち付ける雨音だけ。


まだ校門を出て間もないのに、慎矢と触れ合う肩と反対の右肩は雨に濡れてブレザーの色が変わっていた。


でも僕よりも慎矢の方が濡れている。ブレザーの肩から肘にかけて、ぐっしょりと。


それはきっと慎矢が僕を気遣っているから。傘はずっと僕の方に傾けられたままだった。


慎矢は黙りこくったまま、何も話さない。


雨音を聞きながら、暫く僕達は無言で歩いていた。


「慎矢、傘…」


と、もう一度傘の柄を持つ慎矢の手をそっと押すと、少しピクリと慎矢の身体が跳ねた。


「もっとそっちに傾けないと、慎矢の方がびしょびしょになってる。」


「あ…うん、これくらい平気だよ。」


慎矢は、ちらっと自分の左肩を見ただけで、傘の位置を変えようとしない。


・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓≦(._.)≧ ペコ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18小説『 ESCAPE』(126)



R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
126ページ
更新しました。

*****

午後からの授業中、さっきまであんなに晴れていた空が、どんよりと曇り始めた。


太陽も厚い雲に遮られ、今にも雨が降り出しそうな空。


きっと帰る頃まで、もたないだろうななんて、授業も聞かずに空を眺めていた。


ふと、視線を感じて隣を見れば、慎矢と目が合う。


僕が微笑むと、すぐに視線は逸らされてしまうんだけど。


あれから、5限目の休み時間も、慎矢は僕に話し掛けてこなかった。


もしかしたら嫌われてしまったのかもしれないな。


だけど、僕は離れたりなんかしないよ。


折角、友達になれそうなんだから。



・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓≦(._.)≧ ペコ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18小説『 ESCAPE』(125)



R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
125ページ
更新しました。

*****

「……慎…矢…。」


ドアの方を見やると、其処には呆然と立ち尽くす慎矢の姿があった。


「退いて。」


凌も慎矢に気付いて、僕を拘束する力が弛んだ隙に、力いっぱい凌の肩を押し退けた。


慎矢に背を向けて、乱れた制服を整えながら、自然に口もとが緩んでしまうのを我慢できない。


「…伊織、お前…。」


何かに気付いたように、凌が僕の顔を覗き込む。


「…早く行った方が良いんじゃない?慎矢は真面目だから、先生呼びに行っちゃうかもだよ?」


微笑みながら凌を見上げて、そう言うと、凌は僕の後頭部に手を回し引き寄せる。


唇が僅かに触れる位の至近距離で「お遊びもいい加減にしろよな。」と囁いて、唇を合わせる。




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓≦(._.)≧ ペコ



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18小説『 ESCAPE』(124)



R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
124ページ
更新しました。

*****

「ーーっは…、やめっ、」


漸く離れた唇が、今度は首筋に噛み付いてくる。


「痛っ、噛まないで!」


渾身の力で、凌の肩を押しやって、やっと密着していたお互いの身体の間に隙間ができた。


「は、ぁ…、はぁ…、も、やらないって…言っただ…ろっ…」


教室から屋上まで上がってきて、いきなりキスをされたから、息が上がってしまってうまく喋れない。


「はぁ?そんな事、俺は認めてないぞ。」


いつも気が短いけれど、今まで見た事がないくらいに、怒りに満ちた凌の瞳が僕を見据えている。


「ーー話があるんじゃなかったの?」


こんな事をする為に、ここまで従いてて来たんじゃない。


「話?話なんてする必要ないだろう?」


そう言って、いきなり凌の手に、ズボンの上から中心を掴まれた。




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓≦(._.)≧ ペコ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事
NEXT≫
フリーエリア

tegaki-blog

pixiv


イラスト
ぽちっと

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
first (1)
小説『 ESCAPE』 (297)
小説『10th position』 (9)
小説「出逢えた幸せ」更新記録 (82)
漫画『家庭教師とツバメ』 (7)
イラスト (35)
らくがき (22)
SS(出逢えた幸せ番外編SS) (6)
お知らせ (17)
拍手レス (16)
いただきもの (8)
ピグライ腐SS (2)
ピグライ腐漫画 (10)
つぶやき (29)
未分類 (10)
短編 (0)
背徳BLアンソロジー (10)
プロフィール

ずーちゃ

Author:ずーちゃ

月別アーカイブ
カウンタ(2014/11/3~)
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード