FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top

R18小説『 ESCAPE』(149)イラスト





R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
149ページ
更新しました。

*****

どうせいつかは離れていってしまうのに。


大切だと思っているものを失うくらいなら、最初から手に入れない方がいいのに。



「俺は伊織のことを飽きたりしないよ。」



まるで子供にするように、慎矢は少し屈んで僕に目線を合わせて、頭を撫でてくれる。



「慎矢は初めて経験したことに一時的に熱くなって、それでそれを恋だと勘違いしてるだけなんだ。」



暖かい手の温度で、氷が溶けていくように、触れたところから、温かくなっていく気がしていた。



「俺は伊織のことを ちゃんと好きだよ。」



「僕のこと、何も知らないくせに。」



「知ってるよ。少なくとも昨日よりは知ってる。明日になったら、もっとお前のこと知ってる。」





・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(148)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
148ページ
更新しました。

*****

一瞬、何を言われたのか理解できなくて、僕はただ呆然と慎矢の顔を見ていた。


慎矢の一点の曇りもない、澄んだ瞳が、僕を射抜くように見詰めている。


だけど…


僕のことを好きだなんて、そんな戯言を信じれるほど、僕は愚かじゃない。



「…あは…は、何言ってんの。しかも、多分ってなんなの。」



無理に笑った声もひきつってしまう。



「…笑うなよ。俺だってこんな気持ち初めてで混乱してんだ。だけど、これでも真面目なんだぞ。」



慎矢は顔を真っ赤にして、短い髪をしきりに掻き上げながら、恥ずかしそうに目を逸らした。


そんな告白をされたのは初めてで、なんだか胸の奥がこそばゆい。



・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(147)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
147ページ
更新しました。

*****

周りを木々に囲まれた古い温室の中は、枯れた薔薇の枝が張って、光を遮っているけれど蒸し暑い。


ここなら誰にも話を聞かれる心配もないだろ?と言いながら、


慎矢は幾つかの、壊れそうな風通し用の小窓を押し開ける。


微かだけど風が中を通り抜けていった。



「こんな所まで来て、なんの話があるの。」



最後の窓を開こうと、少し無理な姿勢で腕を伸ばしている背中に問いかけると、


硬く閉じた窓を開くのを諦めて、慎矢は溜息をひとつ吐いて、僕を振り返った。



「伊織、さっき言ったよな?ヤりたくなったらいつでも相手してやるって。」



僕は「…言ったよ。」と、頷いてみせると、慎矢は足を引き摺りながら、ゆっくりと僕に近付いてきた。




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(146)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
146ページ
更新しました。

*****

「はっ?何それ、訳わかんない。」



心から笑ったことくらい…



「ないだろ?腹抱えて笑ったり、楽しくて笑ったりしたこと、少なくとも俺は見たことないね。」



「別に、そんなのどっちでもいい。」



僕が笑おうが、笑うまいが、ホントどうでもいい事なのに。



「ーー俺が伊織のこと、笑わせてやる。」



慎矢は手に持っていた箸を、弁当箱の上に置いて、僕の顔を覗き込むようにして、目を合わせてくる。



「それと、うちに泊まるのと、なんの関係があるわけ?」



「だからな、もっと伊織のことを全部知りたいんだ。」



「呆れた…まだ、そんな事を言ってんの?」

・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(145)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第4章「背徳」 
145ページ
更新しました。

*****

「…足、大丈夫なの?」



捻挫って言っていたけど、椅子に座って横に投げ出された右足は、制服のズボンの下から固定用のサポーターが見え隠れしていた痛々しい。



「ん?ああ、全然平気だよ。」



「もうすぐ大会があるって言ってたけど、出られるの?」



それまで、ずっと明るい笑顔を絶やさなかった慎矢の顔が、その質問には「…いや、出れない。」とだけ答えて一瞬曇る。



「…そう、残念だね。」



あんなに練習していたんだ。やっぱり表情に出してしまうほど、ショックなのは違いないと思う。


だけど慎矢は、すぐにまたいつもの笑顔に戻って「まあ、これでゴールデンウイークも自由の身になれたし、たまにはいいかと思ってるよ。」


そう言って、笑ってるけど、それが本心を隠した慎矢の強がりってことくらいは、僕にも分かる。



「明日から、ゴールデンウイークじゃん?伊織、なんか予定ある?」




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事
NEXT≫
フリーエリア

tegaki-blog

pixiv


イラスト
ぽちっと

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
first (1)
小説『 ESCAPE』 (297)
小説『10th position』 (9)
小説「出逢えた幸せ」更新記録 (82)
漫画『家庭教師とツバメ』 (7)
イラスト (35)
らくがき (22)
SS(出逢えた幸せ番外編SS) (6)
お知らせ (17)
拍手レス (16)
いただきもの (8)
ピグライ腐SS (2)
ピグライ腐漫画 (10)
つぶやき (29)
未分類 (10)
短編 (0)
背徳BLアンソロジー (10)
プロフィール

ずーちゃ

Author:ずーちゃ

月別アーカイブ
カウンタ(2014/11/3~)
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。