FC2ブログ

R18 BL小説『 ESCAPE』(167)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
167ページ
更新しました。

*****

先生からなるべく離れようとしたけれど、膝が抜けたように力が入らなくて、よろよろと書籍などが並んでいるスチール製の棚に寄り掛かってしまう。


高められた体内の熱は、出口を求めて駆け巡る。


堪らなくて、突き刺さったままの棒に手を伸ばしたけれど、怖くて触れることすらできない。



「……っ……ぁっ、あっ…、」



背後から、先生の手が伸びて、僕の猛りの根元を包み込むように掴まれて、身体がビクビクと跳ねる。


「ダメだよ、勝手に取ろうとするなんて、悪い子だ。」


僕の半身はピクピクと震え、突き刺さった棒から、雫が伝い落ちる。


其処をゆるゆると扱かれて、気が狂いそうな快感が、僕を追い詰めていく。



「……や、ッ…め…て………、」



途切れ途切れに訴えて、荒い息を吐く。



「やめて?もっと、の間違いじゃないのか。」




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(166)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
166ページ
更新しました。

*****


服を全部脱いで、ソファーに座っている先生の膝の上で、背後から抱き締められた。


舌先が耳の溝を這い、前に回った手は胸の尖りを弄ぶ。



「……ぁあ…っ…」



既にすっかり赤く熟してしまった其処は、少し触れられただけでもピリピリと甘い痺れを、生み出していく。



「……せ、んせい…」



もう欲しくて堪らないのに、先生は僕の待ち望む、決定的な刺激を、なかなか与えてくれない。


侵入してきた舌は、耳の中でクチュクチュと水音を立たせ、「どうして欲しいのか言ってごらん。」と低い声が鼓膜を刺激する。



「ぁ、…は、やっく……」



呂律が回らなくて、上手く喋れない焦ったさに、自分の猛りに手を伸ばそうとした。


張り詰めた先端からは、さっきから先走りが溢れていて、もっと直接的な刺激が欲しくて堪らない。



「ダメだよ、自分で触っちゃ。分かってるだろ?」



うなじに音を立てて、吸い付きながら、先生はソファーの傍のテーブルに手を伸ばした。



・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(165)


R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
165ページ
更新しました。

*****


ソファーに座った先生の脚の間に跪き、股間に顔を埋めて、夢中になってそそり勃つものに、舌を這わせている自分。


自分が立たせている水音が、信じられないくらいに大きく部屋に響き、それにまた煽られてしまう。


ただ、先生のものを、嘗めているだけなのに、薬で急速に熱くなった身体が蕩けてしまいそうな感覚。



「……ん、……っ……ふ…っ…んん」



血管が浮き出ているそれを、根元まで呑み込んで、喉奥に先端が当たると、苦しいけれど、それに勝る程の快感に身体が震えた。



「俺のを嘗めてるだけで、感じてるのか?伊織は、やっぱり淫乱だね。」



笑いを含んだ声が落ちてきて、先生は、跪いている僕の股間へ脚を伸ばす。



「……ん、っは……ぁあ……ぅんん……」



触られてもいないのに、服の下で硬く勃ち上がった其処を、靴のつま先で、ぐりぐりと何度も弄ばれて、あられもない声を口端から零してしまう。



「あの薬、即効性あると聞いていたけど、淫乱な君には、2錠は多すぎたかな。」



そう言って、先生は僕の髪を掴んで、ソファーから立ち上がった。



「……っ、……ん」


・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(164)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
164ページ
更新しました。

*****

先生が指差した引き出しの中にあるものは、僕が今までしてきたことの証。


もしもそれを慎矢が見たら、今度こそ軽蔑されるかもしれない。


でもきっと、そうなっても仕方ないんだと思う。


自業自得だから。


だけど…先生に脅迫まがいの事を言われて、それで流されてしまいたくなんかない。


だって、それこそ慎矢を裏切ってしまう。もう、こんなことはしないと、約束したんだから。



「なんだい?その反抗的な目は。」



「写真くらい、見せてもいいよ。そんな事くらいで、もうアンタの言い成りになんてならない。」



今までは、心の隙間を埋めることができるのなら、誰でも良かった。


快楽を手に入れたくて、先生の言い成りになったフリをしていただけなのだから。



「困った子だね…。そうだ、じゃあこうしよう…。」



先生は、指で眼鏡を押し上げて、何かを思い付いたように、口角を上げる。





・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(163)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
163ページ
更新しました。

*****

「ーーおっと、何も逃げることないだろう?」



ドアノブに手が届いた瞬間、先生にその手を掴まれて、鍵を掛けられてしまう。


至近距離で、冷酷な眼差しで見下ろされて、僕は思わず顔を背けた。



「別に、逃げたりなんか…」



「人と話す時は、相手の眼を見なさいと、教えただろう?」



顎を捕らえられて、視線が絡むと、先生は嘲笑うように、口角を上げる。



「用件は、何?」



「言わないと、分からないのか?そんな訳ないだろう?」



顎を捕らえていた指が、ゆっくりと下り、首筋を撫でていく。



「……っ、テストなら、ちゃんと…」

「そうだね。今回はちゃんと点数も取れていた。」



指を、制服のネクタイの結び目に差し込んで、解こうとするのを、慌てて両手で押さえて、先生を睨み付けた。



・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事
NEXT≫
フリーエリア

tegaki-blog

pixiv


イラスト
ぽちっと

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
first (1)
小説『 ESCAPE』 (297)
小説『10th position』 (9)
小説「出逢えた幸せ」更新記録 (82)
漫画『家庭教師とツバメ』 (7)
イラスト (35)
らくがき (22)
SS(出逢えた幸せ番外編SS) (6)
お知らせ (17)
拍手レス (16)
いただきもの (8)
ピグライ腐SS (2)
ピグライ腐漫画 (10)
つぶやき (29)
未分類 (10)
短編 (0)
背徳BLアンソロジー (10)
プロフィール

ずーちゃ

Author:ずーちゃ

月別アーカイブ
カウンタ(2014/11/3~)
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード