FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top

R18 BL小説『 ESCAPE』(194)


R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
194ページ
更新しました。

*****

その瞬間、周りの景色が全部消えていく。


家の壁も、廊下も、玄関も、


慎矢も……。


全部、真っ白に塗られていく。


この空間には、僕とその人の二人だけしかいない。


逢いたくて、抱き締められたくて、ずっと待っていたその人しか、もう見えなくてなっていて…



「ーー父さん!」



僕は吸い寄せられるように、駆け出して、裸足のまま玄関のたたきに下りて、父さんの胸に飛び込んでいた。


外から帰ったばかりの父さんの腕の中は、少し汗の匂いがする。


3カ月ぶりの父さんの温もりと、匂いだ……。


背中に回された手が、しっかりと僕を抱き締めてくれて、僕もしっかりと父さんの首に縋り付いていた。



「おかえりなさい、父さん、とうさん、…逢いたかった……逢いたかった……」






・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(193)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
193ページ
更新しました。

*****

引き戸を開けた瞬間は目が合って、僕の名前を、小さい声で呼んだくせに、


その視線は、すぐに僅かに逸らされてしまう。


彼が制服じゃなくて、私服を着ている姿に、ずっと家の中に閉じ篭っている僕は、


ああ、今日は土曜日だったんだと思い出した。



「……慎矢…。」



元気だった?


体育祭はどうだった?


今日は部活は休みなの?


僕にはもう関係のない、どうでもいい言葉ばかりが浮かんでくる。



「…何しに来たの。」



聞かなくても分かりきっていることしか、声に載せることができなくて、


僕も慎矢から、目線を外して宙を見つめた。


・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(192)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
192ページ
更新しました。

*****

鬱陶しい雨の季節も、もうすぐ終わる。


1階の庭に面した廊下の窓を開け放つと、時折爽やかな風が家の中を通り抜けていく。


ーー今日は空が高い。


僕が小学校に入学した記念に植えた庭の桜の木の、濃い緑の枝葉が、青い空に映えている。


すっかり成長して逞しくて、眩しい姿で、僕を見下ろしている。


廊下を歩いて、一番東奥の書斎の前で足を止めて、ドアノブに触れてみる。


鍵の掛かっているドアを、開ける事は出来ないのだけれど。


その隣の寝室の、中から書斎に続くドアも鍵が掛けられていた。


父さんは留守にする時、書斎に鍵を掛けるのは、いつもの事なんだけれど。


カーテンを閉め切った、薄暗い寝室で、ひとつ溜息を零して、父さんのベッドに横になった。


もう、すっかり父さんの匂いもしないシーツ。


だけど、部屋の中には、なんとなくまだ、父さんの匂いが残っている。


・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓





拍手ポチッとコメントありがとうございます。
お返事させていただきましたので、
心当たりの方は、
resページを覗いてくださいまし。
≦(._.)≧ ペコ


ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(191)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
191ページ
更新しました。

*****

中は、たぶん着替えが数枚入ってるだけだと思うけど。


ーーどうしよう。


慎矢、取りに来るかな…なんて考えてしまってる事に苦笑した。


来るわけない。


きっともう、僕の顔なんて見たくないに決まってる。


でも、慎矢の家に宅急便で送るにも、住所を知らない。


結局、処分する気にもなれなくて、


慎矢の荷物は、そのまま僕の部屋の隅に置いたままになっていた。


今までなら、そこに置いてあることも忘れていたのに、


学校に行かなくなって、1日の大半を部屋で過ごすことになったから、


気にせずにいようと思っていても、自然に視界の片隅に見えてしまう。


そして、その度に、なんだか胸の奥がツクンと痛む。


なら、見えない所に片付けてしまえばいいのに、そうしなかったのは…、




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(190)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第5章「陽炎」 
190ページ
更新しました。

*****

「……いえいえ、私は旦那様の連絡先は分かりませんよ。

どうしても急用のある時は、出版社の方に連絡するように言われてるだけで。」



少しぎこちなく聞こえる、いつも変わらないタキさんの答え。


だけど、僕はずっと前から、なんとなく引っかかってたんだ。


中学の頃、あの男が警察に捕まって、僕が保護された時、


どうして、タイミングよく父さんが帰ってきて、警察署まで迎えに来てくれたのか。


あの時は、色んなことが一度に起こりすぎて、そんなことを考える余裕もなかったけれど。


他にも、不思議に思うことは、時々あった。


タキさんが、父さんといつでも連絡を取れると言うのは、今の態度ではっきりと分かってしまった。



「大切な話があるんだ。」




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事
NEXT≫
フリーエリア

tegaki-blog

pixiv


イラスト
ぽちっと

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
first (1)
小説『 ESCAPE』 (297)
小説『10th position』 (9)
小説「出逢えた幸せ」更新記録 (82)
漫画『家庭教師とツバメ』 (7)
イラスト (35)
らくがき (22)
SS(出逢えた幸せ番外編SS) (6)
お知らせ (17)
拍手レス (16)
いただきもの (8)
ピグライ腐SS (2)
ピグライ腐漫画 (10)
つぶやき (29)
未分類 (10)
短編 (0)
背徳BLアンソロジー (10)
プロフィール

ずーちゃ

Author:ずーちゃ

月別アーカイブ
カウンタ(2014/11/3~)
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。