FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top

R18 BL小説『 ESCAPE』(253)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第7章「ESCAPE」 
253ページ
更新しました。

*****
それだけ言うと、男は自動ドア横のオートロックパネルの前に立つ。


「あ……、あの、」


やっぱり俺も一緒に…と言いかけて、近付こうとする俺に、男は鋭い視線を向け、「こっちに来るな。」と制した。


「凌さんを説得して、伊織を部屋から連れ出すのは俺の役目だ。先生は、おとなしくさっき言った買い物でもして待ってろ。」


それでも、引き下がれずに「でも……、」と言いかけると、「うるせえ」と厳しい声が被さってきた。



「伊織がここを出た後は、アンタに任せていいんだよな? 先生。」



その言葉には、重みがある。鈴宮がどんな状態なのか想像もつかなくて、

ただ心配ばかりが先走るけれど、彼の家庭の事情や学校のことも、問題はいくらでも残っている。


・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(252)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第7章「ESCAPE」 
252ページ
更新しました。

*****

ーーーえ?


言葉を失う。


今、なんて言った?


男が言ったハーブとは、植物片に化学物質を混ぜたり、染み込ませたりした、危険ドラッグのことなのか。


さっき帰って行った男達の、普通ではない様子を思い出して、背筋が凍った。



「ーーあなたが、それを渡したんですか?速水くんに?」



「仕方なかったんだよ。」



もう、怒りを堪えることなど忘れて、身体は勝手に動き、拳を男の頬に目掛けて突き出した。


だけど、敢え無く手首を取られて、怒りを男に打つけることは叶わない。



「ーー先生が暴力なんてやめておけよ。」



・・・・・・続きを読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(251)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第7章「ESCAPE」 
251ページ
更新しました。

*****

「ーーあっれぇー?倉田ちゃん、どうしたのー?そいつ誰?」



5人のうち、1番年長者らしい20代の男が、俺と男の顔を交互に見ながら話しかけてきた。



「なんか問題でもアリ~?俺ら加勢してやろうか。」



そう言うと、その男は何が面白いのか、けたたましい声で笑い始めた。


一人が笑い始めると、他の4人もつられて同じように笑い始め、静まり返った夜の街に男達の狂ったような声が響き渡る。



「…いや、こいつ俺の知り合いだから。」



そう嘘を吐きながら、男は俺を親指で指し示した。






・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(250)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第7章「ESCAPE」 
250ページ
更新しました。

*****

縋り付く俺を、引き剥がそうとする男。



「この野郎!放せよ!」



ビルの前で、揉み合いになる。



「そんな必死なフリすんな!どうせ生徒を心配したってポーズなんだろ?自分の受け持つ生徒が問題を起こしたら困るから迎えに来ただけなんだろ?」



「ーー違うっ」



男が腕を大きく振り翳した。



ーー殴られても、この手は絶対に放せない。



「鈴宮くんは、学校に退学届を出しているんだ。だから学校だとか、俺の体裁なんて関係ないんだ。」




・・・・・・続きから読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事

R18 BL小説『 ESCAPE』(249)

R18/BL小説 『ESCAPE』

第7章「ESCAPE」 
249ページ
更新しました。

*****

だが、予想はしていたけれど、そう容易く事は運ばない。


自動ドアの外から、いくら話し掛けても、中の男は此方を見向きもしない。


時間が刻々と過ぎていく。こうしている間にも、8階のその部屋で何が起こっているのか、鈴宮はどうしているのか。


さっきの井上の言葉が蘇り、何度打ち消しても、頭の中に想像もしたくない光景を浮かび上がらせてしまう。


考え過ぎだ。速水だって、鈴宮とは親しいんだから、そんな酷いことをする筈はないと信じたい。


だけど、


たとえ井上の言ったことが、苦し紛れの嘘だったとしても、一刻も早く鈴宮の安全を確認しなければ退くわけにもいかない。






・・・・・・続きを読む?


表紙から読む?↓



ぽちっと↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

【clap】イラスト&SS ★HP/★blog top
関連記事
NEXT≫
フリーエリア

tegaki-blog

pixiv


イラスト
ぽちっと

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
first (1)
小説『 ESCAPE』 (297)
小説『10th position』 (9)
小説「出逢えた幸せ」更新記録 (82)
漫画『家庭教師とツバメ』 (7)
イラスト (35)
らくがき (22)
SS(出逢えた幸せ番外編SS) (6)
お知らせ (17)
拍手レス (16)
いただきもの (8)
ピグライ腐SS (2)
ピグライ腐漫画 (10)
つぶやき (29)
未分類 (10)
短編 (0)
背徳BLアンソロジー (10)
プロフィール

ずーちゃ

Author:ずーちゃ

月別アーカイブ
カウンタ(2014/11/3~)
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。